農場について

剪定の図剪定

梅はそのような果樹を指します、 定期的な剪定が必要。さもなければ、収穫量は著しく減少し、ガムは木から目立ち始め、枝の成長は不安定になるでしょう。

梅を切る時:初心者向けのコツ

梅は毎年、体系的な剪定が必要それは木の健康と結実を支えるでしょう。このような作業を実行するには、計画に応じて、春、夏、秋に必要です。

各期間はプラムにとって非常に重要です、プルーニングはプラムの実行可能性をサポートする特定の機能を実行します。

春が最も好ましいと考えられています 手順について通常、庭師は3月の終わりから4月の初めに、気温がすでに暖かくなり、栄養補給プロセスが始まる時間がないときに、そのような作業を処方します。

春になると、間違った方向に成長する梅と、実を待つべきではない古い枝の上に、若い芽がはっきりと見られます。

夏、6月に開催それらは緑豊かな葉の存在下で最もよく見ることができるので、枝を示し、冠を肥厚させる。

秋は衛生目的で過ごす。このような作業は、葉が落ちた直後に行われます。

期限を逃した場合は、剪定を落とすように移動する方が良いでしょう。カットの新鮮な場所がすぐにフリーズし、その代わりにガム療法と霜が形成されるためです。

それぞれの期間にはそれぞれ長所と短所があります。そのため、年間の特定の時期が特定の作品の演奏に適しています。

何人かの庭師は冬の剪定を練習します プラム、しかしこのタイプの仕事は珍しいそしてかなり特定です。

"Head garden"は梅を適切に剪定する方法を教えてくれます。

春に:王冠の正しい形成

春の梅の生涯の最初の3年間は、それがそれに依存している果実の品質と量であるため、その王冠の正しい形状を形成することが必要です。この作品を飛ばした場合、枝はランダムに不規則に成長します。

通常プラムのために層の形で作られる王冠を選びなさい。つまり、互いに15〜20センチメートルの距離で成長する最も強力で太い枝の6〜8個が基礎として機能するはずです。

それらはまたトランク全体に均等に分散されるべきであり、そして理想的な成長角度は50度であるべきである。

そのような王冠を得るために、3年間かけて以下の行動がとられました:

    1. 人生の最初の年に プラムは側枝をすべて完全に取り除き、中心導体を60センチメートルに等しい長さに切断する必要があります。
    2. 2年目に 中心導体は、カットポイントより上にあるはずの上腎臓を含めて40〜50センチメートル短くなります。下側の枝はほぼ完全にカットされ、7センチの麻しか残されていません。残りのサイドシュートは全長の3分の1短くなります。
主な骨格の枝が概説され始めたらすぐに、幹からのそれらの傾斜角が50〜60度の範囲にあることを注意深く確認する必要があります。不適切なブランチは完全に削除する必要があります。
  1. 人生の3年目に 他の全ての苗条は取り除かれますが、6-8の骨格枝を選ぶことが必要です。残りの枝は4本以下の芽を残すことができます。

Также неотъемлемой частью осеннего ухода за деревом будет проведение санитарной обрезки, в ходе которой удаляются все больные и поврежденные ветви, которые могут спровоцировать гибель всего дерева.

Срезанные ветви при этом рекомендуется собрать и сжечь, что бы инфекция или прочие возбудители и насекомые не распространились по всему участку.

Необычные методы

К специфическим методам обрезки сливы, выполнение которых отличается от стандартных работ, относится зимняя обрезка и обработка старых деревьев.

Проведение зимней обрезки стремительно набирает популярность среди садоводов, живущих в южных регионах.

Выполнение таких работ заключается в том, что все весенние работы переносят на середину февраля, но при этом температура воздуха обязательно должна быть выше 10-12 градусов.

К достоинствам таких работ можно отнести то, что в это время на сливе точно отсутствуют почки, из-за чего дерево переживает меньший стресс. Также подмерзшие ветви легче поддаются спиливанию, и риск появления задеров древесины сводится к минимуму.

Выполнение зимней обрезки доступно только тем садоводам, которые проживают в теплых местностях с мягким климатом.

高齢者と同じように、彼らは慎重で繊細な世話をする必要があるからです。

  • そのような仕事は植物が12-15歳である春先に行われます。
  • 剪定は通常、木が徐々に回復することができるように3 - 4年間引き伸ばされます。
  • 毎年、結実を改善するために、それらは樹冠を過度に肥厚させそして新しい枝の形成を生じさせないすべての乾燥した病害を受けた芽を取り除きます。
  • 活性化期間を通じて、平均数が8〜10を超えてはならないすべての余分なフレームブランチは徐々に削除されます。このような作業を行うときは、予期しない破損を防ぎ、カットオフ領域をより滑らかでより均等にするために、両側から分岐します。

冬は木の枝を刈り込む時期です。

木の世話をするには?

初心者のために、トリミング手順を受けることができる限り簡単に梅を作るため 正しいカットをする方法を学ぶ必要がありますこれは45度の角度で行われるべきであり、そして最後の腎臓は5-10センチメートルの距離にあるべきです。

このような作業はすべて、ナイフ、のこぎり、剪定機など、鋭利で消毒された庭用具を使用してのみ行う必要があります。

木の傷を早く成長させ、様々な病気に罹らないようにするために、最初にそれらは鋭いナイフできれいにされ、青いvitriolで扱われます。その後、庭のピッチ、油絵の具または他の再生剤で塗りつけました。

木が春の剪定後に早く回復するためには、それはリン酸塩、カリまたは窒素肥料を供給されなければならない。

剪定剪定は初期段階でのみかなり複雑なプロセスです。冠形成が起こる間。後日、すべての作業は、古い、損傷した、または不適切に成長しているブランチを定期的に削除することになります。