農場について

人体用カボチャの有用な性質と禁忌

多くの人はそれを神の食物と考えています。以前は、カボチャは食品として認識され、その後徐々に食事から除外されていました。その間 野菜はビタミンや微量元素に役立ちますそれは人体の正常な動作に必要です。このレビューでは、人体用カボチャの有益な特性と禁忌について説明します。

野菜としてのカボチャの説明と特徴

カボチャは古くから食べられていることを誰もが知っています。アメリカは野菜の発祥の地と考えられています;それは16世紀に私たちの国にやって来て、世話をすることや気候のための特別な必要条件なしで、すぐにつかまりました。

カボチャの気取らない植物や特別な注意を必要としない

パンプキンパルプは軽い食べ物と考えられています、 それはジュースの強い胃の排泄を伴わず、そして高い酸性度に苦しんでいる人々に利益をもたらすので。

今日、多くの庭師は彼らの土地でこの野菜を栽培しています。ロシア、アジア、CIS諸国、アフリカ、アメリカなど、工業規模でこの野菜を栽培している国もあります。

植物は気取らないです、特別な注意を必要としません。通常の生育には2つの条件、すなわち熱と十分な量の水分が必要です。

便利な物件

この野菜の果肉には大量の鉄が含まれています。さらに、それはカロチンを検出することができます。そして、それは体が発達するのを助けて、そして視覚問題のために医者によって推薦されます。

カボチャは食事中に使用することをお勧めします

さらに、カボチャは含まれています:

  • ビタミンC - 免疫システムを強化し、風邪を助け、多くの病気を予防します。
  • ビタミンBとE。
  • ニコチン酸。
  • でんぷん
  • 微量元素
  • 砂糖
  • 繊維;
  • ペクチン
  • カルシウム
  • 酵素とタンパク質

ペクチンの存在 カボチャは体から余分なコレステロールを取り除きますスラグおよび毒素は、アテローム性動脈硬化症の発症を予防する。

野菜は利尿薬です。 それは腎臓と膀胱の石の溶解に貢献する大量の水とカリウム塩を含んでいるので。

カボチャは、予防的治療と本物の治療の両方の役割で優れて現れます。

生のカボチャは便秘におすすめです。 腎不全、膀胱の炎症を伴う。野菜は、スラグの蓄積を取り除き、実際の交換を安定させるだけでなく、体重を減らすことを志望するのに有用であり、低カロリー製品(100グラム当たり22kcal)である。

それはカボチャに含まれていますが、血小板の形成と血液凝固の原因となっている、非常に有用なビタミンTが含まれています。

カボチャの種の利点についても話すべきです。 それらはたくさんのビタミン、ミネラルおよび微量元素を含んでいます。多くの人が、種が虫を駆除するのに役立つと聞いています。さらに、種子は前立腺炎、腎臓および肝臓病の予防のための優れた道具です。結核や下痢に役立つと考えられているのは、種子から作られたものです。

化粧品にその応用を見つけました。 シャンプー、バーム、石鹸、ローション、クリーム、マスクを作るのに使われ、顔の肌を若返らせるのに役立ちます。

多くの人がカボチャが調子を良くし、力を与え、不眠症や神経系の障害を和らげると信じています。

使用に対する有害性および禁忌

カボチャは慎重に胃潰瘍、十二指腸潰瘍、低酸度、胃炎に苦しんで使用する必要があります。糖尿病患者の使用は禁じられています。

種子に含まれている酸は歯のエナメル質コーティングを傷つけるので、それらを使用した後、水で口をすすいでください。

伝統医学での使用

2つのゼラチンカプセルと500ミリグラムのかぼちゃエキスを食物と一緒に摂取すると、便秘を治療し、前立腺の機能を改善し、排尿を安定させることができます。同じ目的で、あなたは毎日1杯の水に加えられた種子のアルコールチンキ剤の1.5滴を飲むことができます。

前立腺腺腫の治療法には以下のレシピがあります:

  • 百 - 百五十滴 アルコール注入 毎日コップ一杯の水。
  • 最大10個の種子 毎日噛んで食べる必要があります。

妊娠中および授乳中の使用

カボチャは妊娠中の女性に役立つと言われるべきです。 2週目に使用することをお勧めします、 胎児が正常に成長するように。

パンプキンは、中毒の症状を軽減し、嘔吐に対する自然療法として妊婦に推奨されています

授乳中の母親が鉄欠乏性貧血を患っている場合、彼女は毎日生のカボチャスライスをいくつか食べるべきです。

かぼちゃのピューレ それはすでに補助食品の形で生後6ヶ月の赤ちゃんに与えることが許可されています。

カボチャレシピ

パンプキンパルプミレーお粥

かぼちゃの雑穀粥

野菜は皮をむき、切って、熱い牛乳を注ぎ、柔らかくなるまで煮る。 キビを洗って、かぼちゃのピューレと一緒に鍋に注ぎ、 砂糖、塩を加え、さらに15分間煮る。その後、お粥は約30分間オーブンに送られます。

お粥

カボチャのお粥

大人だけでなく子供向けの素晴らしい朝食です。それは300グラムのカボチャ、7杯の米、水、塩と砂糖をとります。 使用前のご飯は一晩浸す必要があります。 野菜は小片に切られ、鍋に入れられそして水で満たされる。米を追加し、中火ですべてを約20分間調理します。それを冷ました後、それらはすべてブレンダーで泡立てられます。牛乳や水を加えることができます。それから鍋は火に再び置かれ、砂糖は加えられ、そしてお粥は塩漬けされる。常にスプーンでかき混ぜながら加熱する。

ジュース

かぼちゃジュース

№ 1. 皮をむいた野菜のピューレをジューサーに通します、 各リットルのために砂糖の約5スプーンを追加する必要があります。ジュースは火にかけられ、5分間調理されます。それからそれは銀行に注がれ、そして巻かれる。

№ 2. ジュースは圧縮され、煮られ、瓶詰めにされます。 それらは少なくとも10分間90度の温度で低温殺菌されなければならず、そして巻き取られなければなりません。

№ 3. カボチャのおろし金 水で一杯になり、火に送られた。完全に柔らかくなるまで煮てください。皮にピールまたはレモン汁を加え、ブレンダーで挽き、水を加え、10分間沸騰させて瓶に入れる。味わうために砂糖を加えることができます。

結論

多くの人々はカボチャを応急処置キットと呼びます。そしてそれについて不思議なことは何もない。 野菜には人体に必要なものがすべて含まれています。